上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 明けましておめでとうございます。

昨年は多くのご閲覧、応援の声をいただき、誠にありがとうございます。

本年度も、皆様に楽しんでいただけるようなブログを書いて行けたらなと思います。

今後とも宜しくお願い申し上げます。





という訳で、新年一発目はポケモンです。

久しぶりにレートに復帰しました。



肝心の構築ですが、未成熟な上、構築にかけた時間もわずか数時間という継ぎ接ぎだらけの物になってしまいました。

何分初めての試みをしてみたため、うまく行かない部分がありました。

しかし自分と同じような考えを持っている方、または壁構築をこれから作ろうと考えている方にとって、少しでも参考になればと思い構築を晒します。






【一直線壁ラティ構築】




ラティオス ハッサムボルトロス  スイクン マンムー ナットレイ



ポケモン持ち物技1技2技3技4
ラティオス粘土サイキネリフレク光の壁置き土産
ハッサム命の珠バレット虫食い石火剣舞
ボルトロスゴツメ10万めざ氷馬鹿力挑発
スイクンカゴハイポン冷凍B瞑想眠る
マンムー氷柱針地震ステロ
ナットレイラム種ガンジャイロ大爆発ステロ




構築名にセンスの欠片もありません!

一直線というのは、自分が作り上げた勝ち筋に対して一直線という意味です。
ニュアンスはカバドリュに似ていますが、臨機応変にはならないところから少し違うかも?しれません。

基本的には交代をせず、対面で常に行動を取ること、また対面相手への仕事を重視していることから対面構築とも呼ばれるかもしれませんが、自分の感覚では対面での確実な仕事、ということよりも、後ろのことを考えた先を行く行動を心掛ける、というものです。

決定力をハッサムに一任し、そのカバーできない部分をスイクン、ボルトロス、ナットレイに任せた形となっています。

つまり基本選出は、ラティ+マンムー(ナットレイ)+ハッサムとなります。

以下は自分がこの構築を使用するに当たって、試がけた手法、または重要視していた考えです。




【壁張り役を先発に器用しない方法】


通常の壁構築は、先発でライコウやロトムが壁を貼ったりしてからの展開が多いかもしれません。

しかしこの構築は、二番手で登場するラティオスが壁張りを行うという手法を前提にしています。
故に、ラティオスの耐久調整が必須となります。 

二番手に壁ラティを置く利点はいくつかありますが、一番のポイントは対面を確認してから壁を張れ、そのまま置き土産による退場で残り一体の状態にできる、というものです。

初手のジャンケンからの出し負けを回避し、対面の相手を見てから繰り出せ、吠えるや吹き飛ばしでの破綻を無くせることが、勝ち筋を残す事に直結すると思います。


後出しは、最悪のケースのみ行いました。
最悪のケースとは、マンムーやナットレイといったステロ要員が偶発対峙から起点にされるタイミングです。

後出しされたスイクン、ローブシンなどが瞑想やビルドを行うというものなら、ステロを巻いた時点でお役御免なのでまだ良いですが、偶発対峙からの積み技は何もできずPTのコンセプトを崩壊させてしまうので、最悪と想定しています。

先発のマンムーorナットレイが対峙して辛いのが、ウルガモスやローブシンなので、ナットレイの爆発を採用。



【苦手対面相手の処理方法】


◆ナットレイ

ウルガモス→大爆発
ローブシン→ステロ+大爆発
キノガッサ→大爆発


◆マンムー

スイクン→ステロ+ラティオス置き土産+ハッサム
ウルガモス→地震+礫+ハッサム


上記の方法を取れば、基本型でハッサムが全てに絡むことができます。
ヒードラン、シャンデラなどハッサムが二手以上を決められない相手にはスイクンが代わりを務めます。

先発での出し負けは、マンムーが仕留めきれなかったキノガッサ、ナットレイが初手で倒されるウルガモスのみとなっている?つもりです。

得手不得手は勿論ありますが、基本的に選出での運要素はほぼない・・・と思います。




【自分の結論づけたシングルバトルの仕組み】


かなりの極論になります。

以前から自分がシングルバトルに対する考えの中に、「読み」という行動について思うところがありました。

基本的に、「シングルバトルに読みは存在しない」というのが自分の結論です。

現在ポケモン対戦で存在している読み、という行動が、博打を打つ、という意味合いを込めてしまっている物が多く存在していると感じたので、相手の行動を読む、という前提をなくし、自分の考えに基いて行動する、という相手依存の要素を全て払拭することを前提に置くこととしました。

特にシングルバトルにおいては、その読みが博打となりうるケースが多く存在していると思います。




これは、ローテーションバトルを行ったことでの考えです。

ローテとは、二択と思われた場面に存在しうる本当の選択肢に気づけるか、というリスク管理をテーマにした対戦なのではないか、という考えでいます。

シングルはローテと違い場に一匹しかポケモンが存在しないため、上記の行動のリスク部分が重く、時に博打に似た行動をしなければいけないことからのこの結論です。

相手の思考レベルが自分と同等の場合、これらは読み合いと言われるかもしれませんが、それは大前提にあるお互いが取るべき行動というのをある程度無視していることであり、やはりそういった相手との対戦でも、その読みは限りなく博打に近いものであるべきだ、と思っています。


極端な例えになりますが、例えばバンギラスとコバルオンが対面したとします。

コバルオンはボルトチェンジを、バンギラスは馬鹿力を打ったとします。

この時両者の考えには、互いの構築を見て起こりうる状況を判断し、交代読みと読みの読みという二つの思考が垣間見れるかと思います。

しかし大事なのは、バンギラスは引かなければいけない事と、コバルオンは格闘技を打たなければいけないという大前提の考えが中心として存在していることです。

相手の構築、自分の構築、選出により左右されるとは思いますが、これは間違いなく大前提であるはずです。

素直に行動する、という物を悪く取る人が多いかもしれませんが、この素直に行動し続けることがまず基本形であることを否定してはいけないと、自分は考えています。

その大前提を中心とし、その他の選択肢にいかに気づき、リスクを犯し、またはリスクを回避し、と、あらゆる行動を取っていく。

その色合いがとても濃く、強く感じられるのがシングルバトルである、という結論。



自分中心に、自分の考えを基盤に、全てを自分の思考のみで行うことが最も楽です。

いかに楽して相手に勝つか、という自分が追求してきたテーマが、上記の結論に収束したのでこれで自分のシングルバトルは完結したと言えます。


勿論、この考えが正解ではないと思っています。

十人十色の考えあるからこそ、あらゆる戦術や構築が生まれるわけで。

人の数だけ戦い方があるのが対戦の醍醐味であるので、そこは否定する気は全くありません。

あくまでこれは、自分がたどり着いた結論であります。

この考えがまとまった時、なぜカバドリュを好きになったか、解ったような気がしました。




長くだらだらと回りくどいことを書きましたが、要するに自分の決めた勝ち筋を決めて思考停止でボタンを押していくだけで勝ちたいという、楽な作業をしたかった、という訳です(震え声)

そんな捻くれた考えが根本にある、壁張り構築です。


配分は全く形になっていないので、まだ晒すかをちょっと迷っている最中です。

まずレートでボロ負け中というね。

現在 4勝6敗 レート1470^^

本当は晒すのも恥ずかしいレベル。

でも現状の高レート帯である1700付近にも圧勝しているので、別に弱い構築ではないと思うんですけどね・・・。
フレンド対戦でも、今のところ全勝だしね!

弱点はかなり多く存在していますが ^p^



この壁構築だけではなく、多くの壁構築に存在している負け筋の一つとして、常に相手に16分の1の勝ち筋を献上している、という事を念頭に置いておくのが大事。

実際は、相手の攻撃を無条件で受け、相手へ攻撃しない時間が続く、というものなので、この確率は16分の1以上であると考えるべきかなあ。

壁を張りきって、積んで、さあこれからハッサム、スイクンの無双だ!!という時に急所に当たって負ける、という試合が多くありました・・・\(^o^)/

特に熱湯や雷パンチ、冷凍パンチなどの追加効果技も、試行回数を増やしているので状態異常にかかる確率も必然とあがりますね。


以下は、そんな壁構築が辿り着く負け筋の展開がとても解りやすく出ている、BVです。


BV:36-19506-69802

対戦者:アスラン様(レート1620)

問題があれば削除しますので、お申し付けください。



とりあえず俺の運負けをなんとかしてくれェ・・・


スポンサーサイト

Thoughts on スポンサーサイトポケモン シングル 壁ラティ構築

says...

Date:2013/01/28 02:06

BVどうもですw
この運勝ちは申し訳なかったですw

ラティになんかしら撃たせてガモスで起点にする予定でしたが、壁だったんできつかったですねーブシンが落ちてくれればボルトで何とかなりそうではあったのですが…

対戦ありがとうございました。

says... No title

Date:2013/01/28 18:19

>アスランさん
勝手にBVを上げてしまってすみません;
こちらこそ対戦ありがとうございました!

運要素は確かにあった試合でしたが、アスランさんの沿った勝ち筋に全く気づけなかった自分の完敗ですよ!

ブシンを倒さないように起点に作ることに成功したのは良かったのですが、ゴツメボルトの可能性+テクガッサのマッパをリフレクがないハッサムが耐えないと判断したので、二回舞ったのが仇となりました。

コメントありがとうございました ^o^

Leave a Reply

* less than 16 characters
* less than 24 characters
* less than 16 characters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。