上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日、ポケモンWCS2012の様子がニコ生で配信されるという事だったので覗いてきました。


参加者の皆さん、お疲れ様でした。

風流さん、じゅんぺいさん、ハワイで是非勝ち上がってください!





シニア 決勝










ジュニア 決勝









マスター 決勝










いやー、レベル高かった!

どの選手も全力で頑張ってたし、面白い戦術なんかも見れて楽しかったです。



一番会場を沸かせたのは、ジュニアのワルビアルかな?あれは驚いたww

視聴者側は終始「なんだこのワルビ」と話題で持ちきりでしたね。

発想がとても面白かったです。



シニア部門では、世界王者のやまちゃー君が圧巻でしたね。

決勝の相手も相応の実力者で、今大会一番の名勝負になったのではないでしょうか。







マスターは・・・
















うん、何ていうかね。本当に酷かった。


スタッフのありえないミスのせいで、興が冷めてしまったね。







事の経緯はこんな感じ・・・




通常、対戦に至るまでの段階は


  • 両対戦者はそれぞれ決まった席に着く
  • 通信を開始し、PT選出
  • バトルスタート




という流れになるはずが


  • 誘導ミス?でお互いが別の席に座ってしまう
  • 選出中にスタッフがそれに気づく
  • しかし止めることなく続行
  • いざ戦いが始まり、ポケモンが倒れてから「やっぱ再戦ねー」と中断させる


と、どうしようもないミスをやらかして無駄に再戦となった。




これは本当に酷かった。



ポケモン対戦をやっている人ならわかるけど、基本的に再現というのは難しいんだよね、このゲーム。

乱数の世界に全く同じ再現方法で試合なんて不可能に近い。だからその勝負はその時だけの特別なものになる。


一年に一度という大会、強者が凌ぎを削ってきた頂点の大会で一度だけ訪れる名勝負。

これは一度しか訪れないから、緊張感があるんだよねぇ。

それを完全に踏みにじられたかたち。





会田さんはかなりの実力者で、今大会の優勝候補だと思っていた。

一方対戦者のアンニュイさんは、個人的にブログ等でいつも参考にさせてもらったりしていたので応援していた。

そんな二人のバトルは自分の中で事実上の決勝戦みたいな感じに。

とても楽しみにしていたよ・・・



ツイッターでは、アンニュイさんが不利だったから切断したwwwwなど憶測まで飛び交うしね。

どちらも被害者だよ、これは。スタッフはマジで反省するべき。




ポケモンカードの世界大会の方でも、なにやら不振な出来事があったそうですしね。

世界大会出場者のイカサマ疑惑だったりで、もうみてらんない。

カードに至っては、ジャッジをしっかりすればいいのにセルフジャッジの域を出ていなかったせいで起こってしまった可能性もあったみたいだから。

怠慢だよね、確実に。



全国大会なんだから、もっとこう質を上げるというか環境をしっかり整えて欲しいものです。






あと会場内、無駄に騒ぎすぎ。


「盛り上がる」と「騒ぐ」を勘違いしている気がする。

特定の人を応援したい気持ちはわからないでもないけど、もっと上品に応援できないの?

「おっしゃああああ」とか、「勝ったあああああ」とか、そういう感情的な歓声ってとても大事だし必要なものだと思ってる。

だけど無駄に「あそこに見えるのは~?関東No1トレーナー○○だああ!!」とか、「あずにゃんprpr」とかさ・・・

騒ぎたかったから騒いでいるようにしかみえなかった。

民度が低いと思ったねー。小学生以下だよ。


ジュニア部門が一番大会らしく盛り上がってたって、どういうことだよwwww

大人として恥ずかしくないのwwww



でも対戦内容の方はさすがという展開だった。

ずっと構築を練っていた自分のPTに答えが見えた気がしました。レベルの高い人の試合は本当に参考になる。



やっぱり楽しいねー、ポケモン。

モチベ上がったので、ドグマ少し休憩してダブルのPT作るわい。
スポンサーサイト

Thoughts on スポンサーサイトポケモン WCS2012

Leave a Reply

* less than 16 characters
* less than 24 characters
* less than 16 characters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。