上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パッチ来てからPvPしかやってません。ラムウ倒してません。ギャザクラ何もやってません。
あ、いつもの事か!



FLも楽しいんですが、やはり生粋のジェイラーとしてはジェイルを活性化させたいなーと思っていたので、重い腰をあげて先月からジェイル企画やってます。

現在は試験段階中で、土日月の参加率を見てから最も参加率の高かった曜日を二日間固定してそこで開催していこうかなと思っております。
前々回の月曜日ではだいたい4PT、多くて5~6PT回っていた模様。日曜は自分があまり参加出来なかったので把握しきりれていませんが、だいたい3PT以上は回っていたのかな。

常連組だけで言うとタンクレンジ過多で、いつもメレーとヒーラーを待っている状態でしたが新規にメレーとヒーラーが多くなってきたので回転率が素晴らしいです。

ただレンジの増加率はそうでもないのですが、タンクが急増しているのでもしかするとタンクは一番待機時間が長いかもしれません・・・


新規と常連ではやはりまだ力の差があるのが否めませんが、既に二回開催してどちらにも参加してきているような人たちが常連に追いつくのは時間の問題でしょう。

あとはやる気と機会ですかね。
なので最初は週一開催でいいかなとも思っていましたが、出来れば毎週二日間開催して機会を多く作るため試行錯誤中です。






他にも固定ライトPTなどの呼びかけも行っていこうと思っていますので、興味のある方はロドストやツイッターでのフォローをお願いします!

【ロードストーン】

【Twitter】









FLは環境こそ変化はありませんが、対面に限っては野良でもしっかりフォーカスしてきたりする場面も増えたのでヒーラー2枚構成ですと若干きつくなってきたかなという印象です。

対面や担当する場所によってジョブチェンジをしていくようにしてからは、結構色々なジョブの使い方がより解ってきましたね。

基本はナイト1人、白魔導士1人、学者2人、黒魔道士1人はほぼ固定です。
あとは両翼+序盤に他アライアンスの援護がある場合はナイト1人追加、召喚or黒or詩人から2人追加という感じでしょうか。

個人的にナイトは死角がない素晴らしい性能だとは思っているんですが、唯一弱点を上げるとしたら序盤の陣取り戦ですね。
陣に乗っている味方の数をしっかり数えて外にいるキャスヒラを狙いに行くかどうかの判断に、未だ迷いが生じます。

陣の上でナイトにフルスイングを食らった場合は即浄化が最善手だとは思いますが、余裕があれば陣から離れるだけでもう対策になります。

こうなってくるとやはりメレーが欲しいかなと最近考えるようになってきました。
その原因は、黒召の火力は確かに凄まじいのですが、タンクメレーの出す瞬間火力とキャスター2名が出す瞬間火力は全くの別物ということなんですよね。

黒2の瞬間火力は最早言うまでもないと思いますが、弱点を挙げるとしたら黒が火力を出している間は対象がアクションを行えるということです。
一方タンクメレーが火力を出している間は対象がスタンしている状態なので、浄化しかできない。

即落とし精度で言ったら圧倒的に後者なんですよね。
黒だけでヒーラーが落とせるなんて場面は、相手にアクションが残っていない状態でないと基本は不可能だと思っています。

なので両翼を担当する且つ自分達のPTだけって場合に限っては、序盤ナイト+メレーの精度を磨いていけばかなり対応力が上がるんじゃないかなー。
ナイトと黒は確かに素晴らしいジョブコンビですが、かばっている間限定なのでヒーラーの数が増えてきた昨今なかなか厳しくなってきました。

最初の陣取りを勝利で終えた後は、もうナイトの独壇場ですがね。
ゲリラしかければ負ける要素はないし、坂道でライン戦が始まっても押し下げはこっちが主導権握れるし、先に陣に入っている状態なら入ってきた順に倒せます。

やはりナイトの課題は最初の陣取り戦!






そして最近は志願して中央を担当しているのですが、中央でのナイトはまるで別ゲーになっていくことが判明しました。
ナイトはシステム相手に火力を出していくことが難しいと思っていましたが、そもそもシステムが出る前に相手を半分以上倒すためナイトが必要という結論に至りました。

唯一と言っていい程AAに価値が出てくるのがナイトでの中央。
というわけで最近ナイトの裝備をまた考え直そうかなと思っていたんですが、そんな時に相方のナイトが「ヴォーテックスゲイズに最強説が出てきた」と言っていたのでゲイズとブレイクブレイドを比較してみました。


【ヴォーテックスゲイズ】

ステータスは至って平凡ですが、スキルスピードの上昇率はBBよりも優秀な時点で選択肢にはなり得る。
しかし真に刮目すべきはオートアタック間隔1.76!

BBの2.16、そしてステータス最強と言われるノウスが2.32
BBと比較するだけでも、BBがAAを5回入れている間にゲイズは6回発生します。

1.76なので、これは鼓舞の詠唱速度を上回り下手したらケアルラにも間に合います。
ハルオーネのモーション中にケアルラを通される心配が少ないということが、やり込んだナイトならどんなに素晴らしいか解るはず!

ゲイズを軸にして、クリティカルの期待値を少し捨てながら意思とスキスピ重視で組んでみたいなーと企んでいます。


ジェイルで詩人をやってみたときも感じたのですが、特にIL80シンクはダイアやアニマルと違ってスペルスピードが簡単に組み込みやすくキャスヒラの詠唱連打に簡単に押し負けることがあるんですよね。

ヴェノムの間にスリプル挟まれたときは割りと絶望しました!
詩人でジェイルをやるなら、ナイトと同じ理由でヴォーテックススパインがかなり強いですね。

というかガル武器全般が最適解になってくるジョブは意外に多い気がします。


ffxiv_20140805_202943.png







スポンサーサイト

Thoughts on スポンサーサイトFF14 最近のFLと久しぶりのジェイル企画

says...

Date:2014/08/09 06:33

ゲイズはHQじゃなきゃダメですか?

says... Re: タイトルなし

Date:2014/08/09 13:33

NQとHQで試したことはありませんが、武器の基本性能のシンク上限がどのラインに設定されているかは解らないのでHQが安全かと思われます。
新式REみたいな装備はVITやSTRが1下がる程度ですので最悪NQでも大丈夫です。

says...

Date:2014/08/09 18:32

返信有難うございます
参考にさせていただきます。

Leave a Reply

* less than 16 characters
* less than 24 characters
* less than 16 characters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。