上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しばらくPOで晴れパを回していましたが、ようやく納得の行く形になってきたので実機にて組みました。

新しくPTを組むのは実に半年ぶり。久々の育成は楽しかったです^o^




まずキュウコンについてあれこれ。

自分が最も使いやすかった型は以下の3つです。

(※はねさんのブログを主に参考にさせて頂きました。有難うございます。)




キュウコン 



持ち物技1技2技3技4
炎のジュエルフレアドライブ催眠術吼える電光石火
食べ残し火炎放射催眠術吼える身代わり
命の珠大文字催眠術めざパ格悪巧み







★ジュエルフレドラ


性格実数値
陽気158-99-96-x-151-155


ウルガモスを唯一後出しから倒せ、晴れジュエルフレドラの火力もそこそこあるのでこの型にするとキュウコンの選出率は一番高くなりました。
ちなみにこの型のフレドラは意地っ張りガブの逆鱗より少し強い程度の火力です。

ジュエルを温存する立ち回りが窮屈ですし、決して汎用性が高いとは言えませんが兎に角キュウコンを使いたいならこれが良いですね。


最近のウルガはめざ地がデフォになったと勝手に思っているので、もう安全に倒せる時代ではないのが残念です。

全部ヒードランのせいだよ!


石化の枠は自由でいいと思います。

自分はココドラの我武者羅漏れと、襷ボルトを意識して石化にしました。
基本的に使う技は上の三つだけなので、PTと相談するのが良さそうです。





★残飯催眠吼える


性格実数値
臆病178-x-103-102-124-157



一番キュウコンを動かせる型ですが、かなり相手を選びました。

しかしこの型にすると、ユクシーやココドラなど自然とパターン展開するやつらが構築入りしてくるので目的がハッキリしました。


拘り持ちで解決してくる面子は主にサンダー、ガブ、グドラ、バンギなどキュウコンの吼えるが対面で安定しない場面が多く立ち回りは慎重にしなければいけません。

身代わりで寝言を凌ぐのが一番現実的ですが、ガブはそれでも先制できないのでカバーが大変。

神秘を張ってくるラティオスでほぼ壊滅するので、これをやるなら襷パルシェンがいないと相当キツイです。





★珠悪巧み


性格実数値
臆病149-x-95-132-121-166




キュウコンに安全な後出しが成功された時点で、ほぼ対戦が終わるドランを倒せるのはとても大きいです。
晴れパ最大の天敵を、更にバンギに少しでも致命傷を与えたい場合はこれが安定しました。

クレセリアと組む場合、この型が一番相手に圧力をかけることが出来た印象です。


催眠術が無い場合、偶発対峙のハッサムやナットレイでないと余裕を持って積むことが出来なかったので、是非とも両立させておきたいと思いました。

催眠術は積み技!





【まとめ】


自分が思うに、必須技と言えるのはやはり催眠術でした。

3つの型は全て催眠術がある事を前提とした価値観がありました。


晴れパはキュウコンから入ると、自然と弱点を埋める受動的な構築へと方向が進んでいくと思います。

そこに入ってくるのは攻撃的に対処できるバシャ、バンギを利用したランドやガブ、兎に角受けたいクレセやココドラなど明確な採用理由を持つポケモンたちばかり。

しかしキュウコンだけは、他のギミックをあまり必要としないので唯一能動的に動けるポケモンだと思います。


まずキュウコンの構成をしっかりと決めることで、その構築はどんな方向へ進むべきかが見えきますね。






という訳で、今回組んだ自分の晴れ構築 試運転ver





キュウコン ドレディア クレセリア ココドラ ガブリアス マンムー






ポケモン持ち物備考
キュウコン炎のジュエルフレドラ催眠術吼える石化
ドレディア命の珠ギガドレめざパ炎眠り粉蝶の舞葉緑素
クレセリアゴツメサイキネ冷凍B電磁波月の光
ココドラジュース我武者羅ステロ吼える日本晴れ頑丈
ガブリアス光の粉ドラクロ地震剣舞身代わり
マンムー気合の襷氷柱針地震我武者羅雪隠れ



実数値は完成したら晒します(多分


ほぼテンプレ構築ですが、テンプレと違う箇所の採用理由を。




【ドレディアのめざ炎とクレセの電磁波の関係】

晴れパに鋼が出て来にくいというのは幻想でした。

ドランは勿論のこと、晴れパはハッサム、ナット、グロスに対して実は特別強いという訳ではありません。

鋼をキュウコンに一任したところで結局はサイクル戦になり、キュウコンの安定行動は催眠術になるのです。

つまり、キュウコンが炎技を鋼に対して打たないという選択肢にかなりの確率で直面するはず。

鋼に対して積極的に炎技を打つのは、主にキュウコンではなくクレセリアまたはドレディアでした




ドレディアがめざ炎を持つと倒せる相手はハッサム、ナットレイ
クレセリアがめざ炎を持つと腐りにくい相手はナットレイ、メタグロス

クレセに至っては準速ハッサムまで抜けば晴れ状態で大抵のハッサムに勝てると思うので、有効ですね。
ドレディアはステロ込み珠ハッサムのバレパン耐えを最低でも実現する必要があります。

グロスを意識するならクレセ、ハッサムを意識するならドレディアに持たせると抜き性能があがりました。


どの道どちらかにめざ炎を持たせることで安定するのはナットレイ。

ナットは晴れパの場合、基本的に役割破壊の大文字を打つポケモンを用意しない為に一撃での突破は不可能なので、めざ炎だけで突破できるのは大きいはずです。

バシャ、ブシン、テラキを入れない構築ならば、めざ炎がないとナットにかなり手を焼きますね。


ドレディアにラムを持たせて良かった場面は、対ボルトの電磁波テロ、交代読みに飛んでくる状態異常くらいでした。
ボルトに至っては挑発と電磁波の両立にはかなり厳しく、元から相手をすると辛いだけなのでマンムーにして正解だったと思います。

ユキトドなどのノオー構築にも、サンダーのボルチェンを安定させず取り巻きのガブグロスまで見れるマンムーはキュウコンの負担も和らげてくれました。


ここに毒びしパルシェンを入れた方が多分雨には強くなると思います。
好みの問題ですかね。パルシェン入りも使いましたが普通に強かったですし。



ドレディアにめざ炎を持たせた、パルシェンを抜きマンムーを入れた事により普段よりも対策のエネルギーを裂くことが出来たのは・・・

ヒードラン、ハッサム、メタグロス、ナットレイ、キノガッサ、バンギラス など

逆にキツくなったのが

ラティオス、カイリュー、パルシェン など


組み合わせ的にラティハッサムは何とか対応できると思うので、課題はステロからの全抜き要員、噛み砕いて言うと襷を維持できていないマンムーが抜くべきはずのやつらをどうするかでした。

そこでクレセに電磁波を持たせてみたという訳です。

ドレディアがめざ炎を持つならクレセが電磁波、ドレディアがめざ地を持つならクレセがめざ炎というのが自分の解答です。

クレセもめざ炎を持ってみても有りですかね?



以上とんでも理論でした。全然参考にならないようなことを長々と書いてしまった・・・^o^


このPTで一番のお荷物なのはガブリアスなので、改良するなら後はここを誰にするかでしょうか。

個人的には無限グライとか面白いかなと思っています。
スポンサーサイト

Thoughts on スポンサーサイト晴れパ

Leave a Reply

* less than 16 characters
* less than 24 characters
* less than 16 characters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。