上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シャンデラを色々な構築に組み込んでやってみた結果を書きます。



【ユキトド入り】

yukinooトドゼルガメタグロスシャンデララティアスローブシン 

ポケモン特性持ち物技1技2技3技4
ユキノオー雪降らし気合の襷吹雪ギガドレイン宿木の種守る
トドゼルガアイスボディ食べ残し吹雪絶対零度身代わり守る
メタグロスクリアボディ拘り鉢巻コメットパンチ思念の頭突きアームハンマートリック
シャンデラ貰い火ラムの実痛みわけ身代わり小さくなる呪い
ラティアス浮遊ハバンの実龍の波動瞑想身代わり自己再生
ローブシン根性オボンの実ドレインパンチマッハパンチどくどくビルドアップ




これを使用し、ユキトドに入る眼鏡サンダーがいかに強いのかが判りました。

ユキトドは起点の作り方の特性が他の展開PTとは違っていて、誰が誰の前で仕事をするのかではなく、誰が誰の前で倒れるかの方が重要になるケースが多いように感じます。

なので、このシャンデラやアスのように誰かを起点に自分の仕事をしようとする等の個人プレイに走ると、途端に崩壊しました。


砂で使ってもそうでしたが、シャンデラには定数ダメージを考慮した戦い方がどうも苦しいのではないかと思います。
必要なのはラムではなく、やはり残飯でした。

誰と誰とで作っていく戦い方よりも、完全に自分一人で展開していく戦い方の方が合っているかもしれません。
そんな戦い方をしていき、偶然誰かとシナジーが生まれたならラッキー程度で良いと思います。


まず小さくなっていく展開方法には、上位互換が存在してしまっていることも問題です。

スターミーは先制で小さくなるを積めることによる、一定の勝ち筋の保証。
フワライドは軽業からのS逆転、バトンタッチで後続に勝ち筋の保証を渡す。


単独で展開していくならスターミーの方が向いているし、誰かと展開していくならフワライドの方が向いています。

それにより、何もかも中途半端になってしまうことが問題なのかもしれません。


むしろ大事なのは小さくなることではなく、優秀な耐性から呪う事の方なのだと感じました。

ハッサムの剣舞珠バレの前では呪った瞬間に落ちますし、グロスの思念には合わせられません。
本来だせる鋼にすら、なんのサポートもなしに突っ込ませても十分な仕事が出来ませんでした。


主観ですが、呪って崩壊させたい相手には単独で構築に入ってきて、ある一定の層を見てくるポケモンが多いです。

輝石ラッキー、スイクン、残飯毒ヒードラン・・・・など。


ですがこの場合、呪って使い捨てるだけの動きを求めるとゲンガーの方が優秀になってしまいます。


呪いの使い方にも上位互換がいるのでは、かなり厳しい・・・。



以上の事から、少し・・・いや、かなり苦戦しています。

どうしても活躍させてやりたいポケモンなので、なんとか良い構築に入れてあげたいのですが。



優秀な耐性を利用した戦い方を求めていくのであれば、もしかすると受けループ入りならチャンスがあるかもしれないので、次はそちらを考えてみることにします。
スポンサーサイト

Thoughts on スポンサーサイトシャンデラ その1

Leave a Reply

* less than 16 characters
* less than 24 characters
* less than 16 characters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。