上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GCの元祖FFCCの攻略を開始しました!

最後にプレイしたのは多分10年くらい前なので、内容はほとんど覚えていません。

思い出に浸りながら、それでいて新鮮な気持ちで楽しくプレイしていきたいと思います。




【ゲーム開始】

まずゲームが始まると、主題歌である「カゼノネ」が流れます。










旅立ちを奮い立たせる、FFCCの世界観にぴったりの曲ですね。



OPが終わると、早速データを作成します。

一つのスロットには4つのゲームデータが作成可能。
さらに一つのセーブデータには、キャラバン隊が合計で8人まで登録できます。

キャラバン隊は8人構成ですが、同じ月日を共にしているだけであって操作できるキャラは基本的に一人です。
隊員全てを操作することも可能ですが、装備面などを考慮して一人に絞っていくのが良いでしょう。


データを作成すると、まず一人目の冒険者を作成。
クラヴァット、リルティ、ユーク、セルキーの4つの種族から好きな種族を選択します。
各種族の特徴などは、前回の日記を参照。

今回の攻略では、セルキーを選択します!

他にも、村の名前・キャラクターの名前・髪型・性別・親の職業などの選択項目があります。


拠点村ティパの村
キャラ名やんもこ
種族セルキー
性別
髪型シャークアイ
親の職業錬金術師



親の職業ってなんぞ?となると思いますが、これは何気に後の重要なファクターとなっていきます。



【親の職業】

親の職業は・・・

錬金術師、商人、鍛冶屋、漁師、農家、裁縫屋、牛飼い、粉引き

以上8つの職業があります。
親に就いてもらう職業がもたらす影響は様々ですが、主な役割は拠点の村でその就いた職の商店を利用できる、ということです。

例えば、錬金術師は武器や防具を作成するのに必要なベースとなるレシピを販売してくれます。
親にこの職業に就いてもらえば、キーとなるアイテムを渡した時にオリジナルのレシピを開発してくれたりします。(確かそんなんだったような)

色々な街にもこういった鍛冶屋や商人はいますが、親密度を深めたときの親の商店はハイクオリティになる模様です^p^


ちなみに、所謂最強の武器や防具を作る際には、それぞれ専用のレシピが必要となります。
故に親の職業は、錬金術師を選択すると良いでしょう。

最強装備にはレシピだけでなく、それに必要な素材だったりも関わってくるので、勿論それに特化した親も必要になります。
錬金術師・商人・鍛冶屋と3つの職についてもらうと円滑に作れるようです。

3つの職に就いてもらうということは、キャラクターを3作るということになります。(各キャラの親を振り分ける)

レシピはダンジョンをクリアした際の報酬で出ることが多いので、メインの進行役となるキャラの親に錬金術師になってもらうと効率が良いです。

サブの商人・鍛冶屋は、データ内でキャラバン隊として旅を共有しているだけでOK!
冒険が進み、商人は商店でレシピの素材が売られるようになりますので、それとレシピを元に鍛冶屋の親に作ってもらいます。


そんな感じで、3人のキャラバン隊と専属の職についてもらったら、冒険開始です!







【冒険の始まり】

最初のダンジョンに行くまでに、兵士のリルティにとあるモーグリを紹介してもらいます。
彼の名前はスティルツキン(うろ覚え)という旅商人のモーグリ。ここで俗に言うチュートリアルが開始。

スティルツキンの紹介で一匹のモーグリが(モグ)がついてくるようになります。
モグは、クリスタルケージという瘴気から守ってくれる道具を持ってくれたり、魔法を合わせてくれたりとシングルプレイの手伝いをしてくれるキャラクターです。



<クリスタルケージ>
クリスタルケージ 




クリスタルケージからは一定範囲のクリスタルと同等の力が放出されています。
この範囲内にいるうちは、外の瘴気にあてられません。



~瘴気、クリスタル、旅の目的~

ここで冒険の目的や、世界について。

この世界は瘴気に包まれており、クリスタルから放たれる力で人々は身を守っています。
だからOPでもあったように、村の中心に大きなクリスタルがあるわけですね。

しかしそのクリスタルの力も永続ではありません。
クリスタルが力を蓄えるには、「ミルラのしずく」というミルラの木から取れるエネルギーが必要です。
それを集めにいくのが、キャラバン隊の役目。

瘴気に当てられるとHPが少しずつ減っていきます。
モグにクリスタルケージを持ってもらい、後ろをついてきてもらうことで自分は安全に行動できるというカラクリです。

余談ですが、FFCCのモーグリはシリーズ屈指の可愛さです^p^


<FFCCのモーグリさん>

FFCCモーグリ 







【ダンジョン攻略の流れ】



モグを仲間にしたら、いよいよダンジョンへ突入します。

基本的に、ダンジョン内のモンスターは全て倒します。
モンスターからは必ずアイテム、アーティファクト、魔法の何れかをドロップするので、結果的に全て倒したほうがダンジョン攻略も円滑になり、素材も増えます。

アーティファクトとは、ダンジョンで手に入れる特殊能力のような物です。
これはクリア時に報酬として最終的にどれか一つが手元にきます。内容は「攻撃+1」や、「ハートの数+1」など。


魔法は、ダンジョン内でのみ使うことのできる物です。
スロットに入れた魔法は、基本的にダンジョンを抜けるとリセットされるため、アクセサリーによる魔法コマンドを確保できていない場合、ドロップでしか入手手段がありません。


スロットに入れた魔法は、物によっては合体するさせることができます。

例:ブリザド+サンダー=グラビデ

時にはこれを駆使し、ダンジョン攻略を円滑にしましょう。
合体魔法でしか出現しない魔法も、勿論あります。



~モーグリの巣~

街やダンジョンには、モーグリの巣と呼ばれる隠しエリアが存在します。
モーグリの巣では、モーグリからありがたみ溢れるモグスタンプをもらえます。

モグスタンプは、なんと集めるとマルチモードでミニゲームを遊べます!わーい^^

尚今回は勿論シングルモードの模様。



ダンジョン最奥には、ボスが待ち構えています。
基本的に負けない・・と思う^p^

弱点属性などもありますが、物理でガンガン押してやれば序盤は余裕でしょう。
レベルをあげなくても物理で殴ってください(遠い目)

ボス撃破後は、ミルラの木から雫を採取できます。
だいたい3回、つまりダンジョンを3箇所クリアし、雫を集めるとケージが満タンになります。

満タンになったら、一度村へ自動的に帰還。
一年の終わり、という訳ですね。


つまり流れ的には

ダンジョン攻略~ドロップ品集め~ボスを倒す~雫採取~、これを3回繰り返すという生活を続けます。

年数制限はありません。好きなだけ旅を続けることができます。


一度採取したミルラの木は、二年くらい枯れた状態になるので連続の採取は出来ないように成っています。
また、一度クリアすると二度目に訪れたときに敵が強化されるおまけつき(雫復活時)
最大で三段階ある模様。





なんか詳しく説明していたら、肝心の攻略部分を全く書けずにここまで来ました^p^

結構マイナーなゲーム?と思っているので、説明は必要かなと思ったのですが、張り切りすぎてしまいました!


次回からは上記を前提に説明を省いて、サクサクとプレイ日記を書いて行きたいと思います。
スポンサーサイト

Thoughts on スポンサーサイト【FFCC】一年目の旅路 説明編

Leave a Reply

* less than 16 characters
* less than 24 characters
* less than 16 characters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。