上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

五年目は、主にサブイベントの進行や最強装備を作る際に必要な素材集めの準備をしていきます。



このゲームには、唯一サブイベントと呼ばれるものが二つ存在します。

(一応道中で見られるイベントたちも、サブイベントの部類なのかもしれないけど)



一つは、【アルフィタリア城の王女行方不明事件】

もう一つは、【ボロボロの手紙】



素材集めの準備とは、ダンジョンの難易度を三段階目にするという事。

ダンジョンのクリアorボスドロップ+ボーナス高得点で入手できるアイテムは、三段階目でしか出現しないため早いうちに難易度をあげておくと円滑に進みます。



【最強装備に必要なアイテム】


かぜのけっしょう ・・・ セレバティオン洞窟

つきのぶき(レシピ) ・・・ コナル・クルハ湿原

グリーンスフィア ・・・ ヴェオ・ル水門

とうぞくのごくい(レシピ) ・・・ ティダ村

オークベルト ・・・ カトゥリゲス鉱山

さばくのキバ ・・・ ライナリー砂漠




月の武器=武器:グランドスラムのレシピ
盗賊の極意=アクセ:シーフエンブレムのレシピ

風の結晶は、上記の二つの装備で使うため2つ必要です。

砂漠の牙はグランドスラムに。
グリーンスフィア、オークベルトはシーフエンブレムに。












【アルフィタリア城、王女行方不明イベント】


アルフィタリア城には、それはそれは美しいクラヴァットの王妃がいた。
しかし近年、王妃は病に倒れその生涯を終えたという。

それ以降、城と街は活気を失い、重い空気に包まれていている。

人々は後継者である王女に未来を託すが、王女はそんな周囲の期待に嫌気が差し、行方を暗ませてしまう。





これが、このサブイベントのストーリー。



【アルフィタリア城】


このイベントを進めるためには、アルフィタリア城の街の住人に何度か話しかける必要があります。
その中で、中央の噴水左にいる三人組の一人から、「王女が行方不明になった」という情報を聞き出す。

何度も話しかけてようやく聞けることもあるので、しつこく話しかけてみましょう。

この情報を聞き出せたら、第一段階の終了です。



【マール峠】


次に、マール峠にいるセルキーの商人たちに話しかけます。

すると女性のセルキーから「最近見かけないセルキーがこの辺りに居る」という情報を聞き出せます。
(これも何度か話しかける必要がある)

これで第二段階が終了。



第三段階は、ジェゴン川の東岸に居る???という名前のリルティの兵士に話しかける・・・という物なのですが・・・

ジェゴン川の水位が下がった状態だと、リルティの兵士が東岸に現れない可能性が高いです。

少なくとも、自分では何度もロードや雫を入手して試しましたが確認できませんでした。


物語の進行具合なのか、五年目で必ず下がるのかは不明。(恐らく前者だとは思いますが)

また、このリルティの兵士は「年数が経過しすぎていると現れない」という現象も確認されている模様。


つまり、このイベント自体が進行不可になりかねないので、早い段階から進めておく必要があります。



ジェゴン川の水位は、この状態になってからヴェオ・ル水門のトラブルを解決し、クリアしてミルラの雫を入手することで戻ります。

しかし戻るのはその翌年なので、この年に水位が戻ることはありません。

この時点でヴェオ・ル水門はミルラの雫が復活していないので、ここで行く旨みは薄いです。

なのでこのイベントは、一度ここで中断させます。








ここからは2つ目のイベント、ボロボロの手紙イベントを進めていきます。

ティパの港では、ジェゴン川の水位が下がった影響で船長のトリスタンがここへ船を移動させています。

そして新しいルートを見つけたと言い、「ルダ村」へ行けるようになります。





【ルダ村】


周囲を砂漠に囲まれた、セルキー族の村。

中央にはセルキーだけが遊べるミニゲーム、「セルキージャンプ」がある。

賞品はオリハルコンなど豪華ですが、まあ無視していいです ^p^


村に訪れた際に、村長である老婆「ル・ティパ」に必ず話しかけておきましょう。



ル・ティパに話しかけたら、そのままマール峠へ戻ります。





【マール峠】


村長である老人「セシル」に話しかけましょう。

ルダ村でル・ティパ、マール峠でセシルとこの二人に話しかけることで、第一段階が終了します。





【ティダ村】


ティダ村の2MAP目にある朽ち果てた木を調べると、内容が意味不明な「ボロボロの手紙」を入手できます。

これを入手したら、そのままダンジョンをクリアしましょう。


クリスタルケージ□□■


この次の侵入から、第三段階になります。






手紙を入手したら、二人の村長の元へ行き手紙を見せます。

その後、再びティダ村の朽ち果てた木に戻ると・・・



セシルとル・ティパが、二人寄り添っています。

そして、「もう二度と離さない」と言い残し、なんと二人とも息絶えるという・・・。




最初は、どういうことだ?と不思議に思いますが・・・

そう、このティダ村にはあるエピソードがあります。

それを思い出すと、少しだけこのイベントの内容がわかるかもしれません。


語りでもありましたが、この村はキャラバンの帰りを信じて待ち続けた結果、瘴気に飲み込まれ村人全員が消えてしまったという悲しい村です。


この二人は恋人同士で、この村に帰るはずだったキャラバン隊だったのでしょうか・・・?

または、唯一逃げ出した村人だったのか・・・。


真相はわかりませんが、長い時を経て再会し、今度は二度と離さないという思いからこの場所で力尽きようとお互いに決心したのでしょう。

なんとも悲しいイベントですが、このイベントを終えているとラスボス戦で感情移入が更にできるようになり、いい感じに浸れるので是非やっておくべきイベントだと思います。






ここで、このイベントは終了。

ライナリー砂漠の攻略を目指しますが、その途中ついでに鉱山をクリアしましょう。





【カトゥリゲス鉱山】



クリスタルケージ□■■


この次の侵入から、第三段階になります。


三段階目では、最後のポケット(コマンドスロット数+1のAF)である「ラストポケット」が出る唯一のダンジョンです。

コマンドリストMAXを目指すなら、必ず通いましょう。






【ライナリー砂漠】


旅の途中に出会った人がいた。
砂漠に隠されているという
伝説の宝を見つけるのが夢だと言う。

みんなは、そんなものがあるわけないさ、
と笑い飛ばした。

でも、初めて砂漠を見たとき、
その人が夢を叶える日は、
遠い日のことじゃないと思った。

太陽に照らされ、キラキラと輝く砂の流れは、
まるで、宝石が流れる大河のようだった。







個人的に一番好きなダンジョンBGM

ここへは砂漠の牙とサンペンダントを取るため何回も潜りましたが、BGMが良いためそこまで苦ではありませんでした。


ボスエリア右側からいけるエリアに、壊せるサボテンのオブジェクトがあります。

そこから低確率で「サボテンの花」を入手できるのですが、これを船長のトリスタンに渡すと、以後運賃が2割引きになります。

火山で「キランダいおう」を手にいている場合、これと合わせて半額になり、「フリーパス」という運賃が無料になるアイテムを5万ギルで販売しだします。

普段の運賃といい、本当にこいつは金にせこいやつだなwww




◆クリスタルケージ「?」属性


レベナテラから左の瘴気ストリームを進もうとすると、属性「?」を要求されると思います。

道中のリルティ(うろ覚え)たちや、誰かから「?」属性が存在するという噂を聞くことができると思いますが、それはこのダンジョンに眠っています。

しかしこの?属性をクリスタルケージに付与するのは、そう簡単なものではありません。


ハーディに出会った数だけ、この?属性を出すためのヒントがもらえるのですが、通常プレイですとこれが出そろうのがだいたい10年目となります。


そこまで待って攻略を楽しむのも良いですが、今回はサクサク行きたかったため最後のヒントを待たずに?属性を出現させました。


以下は、?属性を出現させる手順です。

基本的に、ギミックに魔法をうつことで段階を踏んでいきます。


ギミック魔法
左上の大きなサボテンサンダー
右上のテントグラビデ
右下のキノコ岩ファイア
上中央の三つ子岩ブリザド
入り口左の透明な花ホーリー



上から順に行なってください。



サボテンは、一番大きなものにサンダーを当てます。
三つ子岩は、小さいものから順にブリザドを当てていきましょう。

最後にホーリーを花にうつと、?属性のポイントが出現しますので、そのまま属性を変更。

?属性にしていれば、全ての瘴気ストリームを越えられるようになります。


AFオーガキラーくまちゃんダブルハーケン
アイテムキマイラのツノズーのくちばしはりいっぽん
レシピちからのぶききんざいくブランドゴーグル
モーグリの巣1つ目のMAP左穴の宝箱奥



ズーはグラビデで落とすと楽に倒せます。

他にもサボテンダーやサソリ、ラーミアなどグラビデが有効な敵が多いです。

キマイラは強敵です。ホーリー以外の魔法が効かないので、物理で押しましょう。




■BOSS : アントリオン
HP弱点
250~625ホーリー


体力が凄まじく高いです。マルチだと999(カンスト)になる模様。

石化攻撃やハサミ攻撃がだるいですが、基本は側面を回りながら攻撃していれば余裕で対処できます。


それと余談ですが、こいつ確かFF9のボスアントリオンと全く同じデザイン・・・だよね?

しかもMAPまでそっくりじゃない?

どんな意図があったんだろう・・・


まさか面倒だったから使いまわry



クリア報酬AFスターペンダント
(ハートの数+1)
クリスタルケージ■■■
モグスタンプ19個


ここは三段階目に来ると、グランドスラムに必要な砂漠の牙だけではなく、最後のペンダント(ハートの数+1のAF)である「サン・ペンダント」が出る唯一のダンジョンです。

体力MAXを目指すなら、必ず通いましょう。






五年目の終わり。


砂漠はリルティ殺しのMAPとして名高いですが、本当に攻略は面倒で連戦前提を考えると心が折れます。

(リルティは最強武器レシピ2種、武器の素材、サンペンダントで何回も来なければいけないうえ、全て出現率が低い)

しかしBGMが好きな人は、まだ少し我慢できると思うので、そこが救いですね。

嫌いな人は死んでしまうかもわかりません。




ライナリー砂漠BGM↓











おまけ




マリカー熱にFFCCに使うエネルギーをがっつり吸い取られました。

本来、中途半端に攻略を投げ出すと死んでしまう病という難病にかかっている僕ですが、今回は見事に投げ出しました。

その理由は、カトゥリゲス鉱山でオークベルトを狙いながら何事もなく15連戦を終えてしまったからです。


一回の攻略で20分・・・それを15回


20min × 15 ・・・  5   時   間


そりゃあもう発狂ですよ。



ただ出ないだけならいいんです。

三分の一で出る確率の高得点を狙っているのにもかかわらず、15回連続で三分の一を外したので烈火のごとく怒り狂ったのです。

ボーナスを厳選している時間も含めたら、もっといってるんじゃないかな。



「じゃあもういいよ、マリカーやるから!!!!」



こうなるのも、自然の摂理というわけですね。


今晩あたり、久しぶりにまたFFCCを起動してやろうと思いますが、そこで更に出ないようだったらマジで泣くかもしれません。



5回までに出なかったら完全にギルティ
スポンサーサイト

Thoughts on スポンサーサイト【FFCC】冒険記 五年目

Leave a Reply

* less than 16 characters
* less than 24 characters
* less than 16 characters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。