上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 9月くらいに書いた雨ドクロの構築が、相次ぐ修正によりめちゃくちゃになっていたのでちゃんと纏めます。




ニョロトノ  キングドラ  ドクロッグ 霊獣ボルトロス カイリュー ナットレイ 


ポケモン持ち物技1技2技3技4
ニョロトノ脱出ボタン熱湯アンコ滅び守る
キングドラ拘りメガネ龍の波動ハイポン波乗り寝言
ドクロッグ黒いヘドロドレパン冷凍P身代わり剣舞
ボルトロス拘りスカーフめざパ氷ボルチェン気合玉
カイリュー拘り鉢巻逆鱗神速炎P寝言
ナットレイカゴの実ジャイロ種ガン電磁波眠る








◆ニョロトノ

性格図太い
努力値H252 B76C4 D76 S100
実数値197-x-115-111-130-103

強いけどドクロとは合わない。セットの選出に無駄がありすぎる。
Sは未だにラッキーを強くみたいからこれだけ振っているけど、なんとかできる自信があれば真っ先に削っていいと思う。

その分Bに厚い方が絶対強い。





◆キングドラ

普通の臆病CS。余りD


強い。

身代わりから入るプロのガッサ使いには土下座なので、正直物理でラム龍舞したい気もします。





◆ドクロッグ

性格陽気
努力値H148 B116 S244
実数値177-129-100-x-85-149


なぜここに居るのか判らないやつ。
使いたかっただけにしても、もっとマシなやり方があったはず・・・。

剣舞と冷凍Pの採用理由は、ラティに隙を見せたくなかった、龍の処理速度をあげたかったという理由です。

しかし実際は龍の相手をすることがあまりなかったので、これらを削って挑発+毒を仕込んだ方がスイクンに圧勝できていいかもしれません。

そうなると存在理由がすごく薄れますがね。





◆ボルトロス


普通の臆病CS。余りH


臆病めざ氷でないといけない理由が、ちゃんとあります。

なんか使用者が増えてきて、有名な方も使っているようなのでそちらを参照すると良いでしょう(投げやり)

意識対象が普通の脱出雨と異なるので一概には言えませんが、マンダと舞ったカイリューを意識し、最速スカーフランドロスを見る為、必ず臆病でなければなりません。






◆カイリュー

性格意地っ張り
努力値H172 A180 B12 D163 S20
実数値188-194-x-116-136-103


強いですが、このPTに居てはいけないポケモンだと思いました。

採用理由がトノと同じ耐久を持ち、龍に撃ち勝てる、ガッサもある程度見れる・・・というものでしたが、それをこのPTでは果たせません。

襷寝言ガブのほうがよっぽど理にかなっています。






◆ナットレイ

性格生意気
努力値H252 A44 B84 D126
実数値181-120-161-x-167-22


採用理由は100%補完目的なので、ある意味このPTで一番役割を担っているポケモンになりました。

さすがトノグドラナット・・・元は仕方なく入れたポケモンだというのに。

なんとかしてここにハッサムを入れたい場合は、ドクロをガッサに変えればいけるかもしません。

というかドクロが居ないほうが多分強いです(結論)






今の環境では絶対に生き残れません。

時代遅れのPTです。





使っている分だけ弱点が書けるし、判るし、強さの限界を把握できる。

構築を理解するということは、そういうこと。

シングルをやるに当たって、構築に対しての疑問、弱点、不明点などを説明できないようではダメだと思っていたので、そういう意味ではこの構築は今まで一番理解をした構築だと言えるかもしれません。

何を聞かれても100%の答えを出せる自信があります。





自信があるだけです。

実際には多分答えられないので、聞かないで欲しいところです。
スポンサーサイト

Thoughts on スポンサーサイトちゃんと纏めようと思った雨ドクロのアレ

Leave a Reply

* less than 16 characters
* less than 24 characters
* less than 16 characters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。